ロゴ
HOME>特集>定期的に歯科へ行こう【定期健診の重要性とは】

定期的に歯科へ行こう【定期健診の重要性とは】

子供と助手

虫歯は早期発見が大切

歯科へ行く一番の利用は、虫歯などで歯が痛くなったから、という方が多いですよね。歯がしみるようになって、それから痛みが生じ、患部が腫れるまで歯科に行かない方もいるのではないでしょうか。ですが、虫歯は初期の段階では他の歯とあまり変わりが無く、専門的な知識を持った歯科医に診てもらわない限り、自分では気付けないものです。また、歯がしみるという症状は、虫歯としてはほぼ完成形の虫歯の印であり、治療にも痛みが伴ってしまいます。勿論、治療には麻酔を用いますので痛みは軽減されますが、それよりも前の段階で虫歯の発見ができると、痛みはもとより、治療費の軽減にもつながりますよ。定期検診を行えば、そんな虫歯の早期発見も可能、日進市には患者がリラックスして検診を受けられるように配慮をした歯科も、たくさん立地しています。

診察室

定期歯科検診の内容とは

歯科での定期検診は、問診を行った後、口腔内のチェックから始まります。虫歯の有無だけではなく、歯周病や磨き残しのチェック、歯石が付いていないかなどを診てもらうのが一般的です。医院によってはレントゲン撮影を行う所もあり、歯石を取り除いたり、口腔内のクリーニングや歯磨きの指導を行ったりします。そして、検診の際に虫歯が見つかったら、そのまま治療を行うこともありますが、予約をして次回の来院から治療を始める医院もあるので、自分の希望に沿った治療法をしてくれる歯科を探して検診を受けましょう。日進市には、夜間診療やキッズスペースのある歯科などもありますので、仕事や学業、ライフスタイルなどに合わせて通院できる歯科で定期検診を受けてみてはいかがでしょうか。